カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

犬がリードを引っ張る理由と対処方法とは

こんにちは。

Bowoneの清水です。

今日は多くの愛犬家さんがお悩みであろう、お散歩の時のワンちゃんの引っ張り癖について書いていきたいと思います。

最後まで読んでいただけると、引っ張り癖を治すヒントが見つかるかも知れませんので、ぜひお付き合いください。

~愛犬がお散歩でリードを引っ張る理由~

●好奇心旺盛な性格が原因

殆どのワンちゃんはとても好奇心が旺盛で、普段のお散歩コースであっても、「この先になにかあるぞ!」や「知らない子(ワンちゃん)がいるぞ!」など、興味をそそる事がたくさんあります。

●ワンちゃんが興奮状態にある

お散歩に行けることが嬉しくて、飼い主さんがお散歩道具を手に取るだけで興奮状態になっしまう事もあります。

また、仲の良いお散歩友達や、よく会うワンちゃんがいる場合も、その事を認識しているので、「お友達に早く会いたいよ!」と、嬉しさのあまり興奮してしまう事もあります。

その他、普段の運動量が足りていない場合でも、嬉しさのあまり興奮してしまう事もあります。

●信頼関係が構築出来ていない

飼い主さんとワンちゃんの信頼関係がうまく構築されていないと、ワンちゃんは自分の行きたい様に勝手気ままに歩いてしまいます。

また、飼い主さんよりも自分がリーダーだと思ってしまうので、先頭に立ち、仲間を(飼い主さん)を危険から守ると言った心理が働きひっぱってしまうこともあります。

~引っ張る理由ごとのの対処方法~

●好奇心旺盛なワンちゃんの場合の対処方法

好奇心が旺盛なワンちゃんを落ち着かせる方法としては、「まて」や「おすわり」、「伏せ」などのコマンドを活用し、ワンちゃんを静止状態にすることです。

お散歩中に興味をひいてしまうものを見つけ、リードを引っ張った際には、「まて」や「おすわり」、「伏せ」等のコマンドを活用し、ワンちゃんが落ち着くまでは絶対に歩かないようにします。

そこで注意していただきたい事は、コマンドを使用するときに、飼い主さんが無理にリードを引っ張らない事です。

無理にリードを引いてしまうと、気管を圧迫してしいますし、頚椎にも負担が掛かります。

「まて」や「おすわり」、「伏せ」コマンドを言いつける時は、一旦立ち止まり、ワンちゃんの前に立ち、飼い主さんも落ち着いて、「まて」や「おすわり」と言ってあげましょう。

そこで、ワンちゃんが言う事を聞いてくれたら、めいっぱい褒めてあげましょう。

褒めながら、少量のフードやオヤツを与えることも良いですが、フードやオヤツを持っていないと言う事を聞いてくれなくなってしまう事も有りますので加減が必要です。

●ワンちゃんが興奮状態にある場合の対処方法

お散歩に行けることが嬉しくて、飼い主さんがお散歩道具を手に取るだけで大興奮してしまうワンちゃんの場合は、まずはお家の中でリードを付けて、歩く練習をしてあげましょう。

お家のなかでの練習は、首輪やハーネス、リードに慣れてもらう事が目的です。

併せて「まて」や「おすわり」、「伏せ」などのコマンドの練習もしてあげると効果的です。

お散歩道具を見ても興奮することなく、素直に首輪やハーネス、リードを装着させてくれたら、玄関を出る前にもう今一度落ち着いてもらうために「まて」や「おすわり」、「伏せ」をさせて、飼い主さんから先に玄関を出ましょう。

●信頼関係が構築出来ていない場合の対処方法

自分がリーダーだ!と認識しているワンちゃんの場合はお散歩に時だけではなく、普段の生活の中での接し方の改善も必要です。

例えば、ワンちゃんにご飯をあげる時に、「まて」、「よし」など、のコマンドを使い、ワンちゃんが上手に「まて」が出来たらすかさず褒めてあげましょう

また、お散歩の主導権が飼い主さんにある事を覚えてもらうためには、まっすぐな一本道でも方向転換をしたり、歩くペースを少し変えたりを返すことで、「お散歩の主導権は飼い主さんにある」と覚えてもらう事が出来ます。

お散歩の主導権奪還出来た暁には、いよいよ本格的に引っ張り癖の改善トレーニングを行います。

方法としては、ワンちゃんがリードを引っ張った時には絶対に歩かない。事です。

お散歩中にワンちゃんがリードを引っ張った時には必ず「まて」や「おすわり」、「伏せ」のいずれかのコマンドを指示し、ワンちゃんに落ち着いてもらいます。

ワンちゃんがリードを引っ張っている時は、ワンちゃんの興味は飼い主さんではなく進行方向に有ります。

そこで重要なことは、お散歩中でも「いつでも飼い主さんとコミュニケーションが取れる」ようになってもらう事です。

ワンちゃんがリードを引っ張る→その場で立ち止まり、「まて」や「おすわり」、「伏せ」のコマンドで飼い主さんに注目させる→ワンちゃんがおりこうに「まて」や「おすわり」、「伏せ」が出来たら褒めてあげる。を繰り返します。

根気が要りますが上記を繰り返すことで、ワンちゃんは散歩中でも飼い主さんの動向が良い意味で気になりだします。

その他、ワンちゃんがリードを引っ張ることなく上手に歩いている時に、「〇〇ちゃん」と、ワンちゃんの名前を呼んであげます。

名前を呼ばれ、飼い主さんの方に顔を向け、アイコンタクトが出来たら頭を撫でるなど褒めてあげます。

ワンちゃんは飼い主さんの笑顔を見ることや、撫でてもらう事で喜びを感じますので、繰り返し行う事で、いつでもワンちゃんとコミュニケーションを取れるようになります。

いつでもワンちゃんとコミュニケーションが取れると言う事は、お散歩中にワンちゃんが何らかの興味を引かれそうなときに、名前を呼んであげたり、「まて」や「おすわり」、「伏せ」のコマンドで興味を対象物(事象)から飼い主さんに移すことが出来るようになります。

ワンちゃんから見た飼い主さんが「この人についていけば安心」と思ってもらえるような信頼関係にならなければ、引っ張り癖は治りません。

ワンちゃんの引っ張り癖のパターンやその対処法を紹介してきましたが、実際に引っ張り癖を改善する事は簡単な事ではありません。

ですが、しっかりとワンちゃんとコミュニケーションが取れるようになると劇的にお散歩が快適になりますので、ワンちゃんの為でなく飼い主さんの為にも根気よく練習を重ねることが大切です。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ