カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

首輪とハーネス(胴輪)はどっちがいいの?

こんにちは。

Bowone店長の清水です。

最近、お客様からのご質問で、「首輪とハーネスのどちらを選んだらいいの?」と、よく聞かれます。

初めてパピーちゃんを迎えた飼い主さんや、シニアにさしかかったワンちゃんの飼い主さんは、首輪にするか、ハーネスにするかで迷う飼い主さんが多いようですね。

すでにワンちゃんとお散歩やお出掛けを楽しまれている皆さんは、首輪派ですか?それとも、ハーネス派でしょうか?

お散歩やドッグランで見かけたワンちゃんが着けている首輪やハーネスを見て、「うちの子が着けたら似合うだろうな。」なんて考えたことがあるのは、僕だけではないかと思います。笑

今回のテーマは、そんな迷える飼い主さんのために、首輪とハーネスの特徴や、メリットとデメリットを書いてみたいと思います。

~首輪のメリット~

●首輪のメリットとしてあげられるのは、ワンちゃんに飼い主さんの意思を伝えやすい事です。

お散歩の時やトレーニングの際に、リードを通して出した指示伝わりやすいので、ドッグトレーナーさんも首輪(ハーフチョーク等)を勧める方が多いです。

●首輪はお家にいる時も着けっぱなしにできるものも多く、お散歩やおでかけの際にリードを付けるだけで手間もほとんど掛かりません。

●首輪本体に名前や連絡先を入れられるものや、迷子札を簡単に付けられるものも多いです。

「うちの子はおりこうさんだから、迷子札なんて必要ないよ」と思われる飼い主さんもいらっしゃると思いますが、雷や花火など、大きな音におどろいて、たまたま開いていた玄関から逃げ出してしまう事も考えられます。

これは外でも同じで、おりこうさんなワンちゃんとのお散歩は、飼い主さんのリードを持つ手も自然に緩んでいるので、雷や花火に限らず、周囲の大きな音におどろいて急に走られてしまうと、リードを手放してしまう事も考えられます。

また、過去に脱走経験のある、冒険心が強くチャレンジャーなワンちゃんには、首輪と迷子札の組み合わせはマストアイテムでしょう。

~首輪のデメリット~

●首輪のデメリットは気管の弱い子や、頚椎に疾患にある子の場合、症状を悪化させるおそれがあることです。

小型犬や引っ張り癖の強い子の場合、首への負担が大きくなります。

●ブル系の子のように、頭の大きさと首の太さが変わらないワンちゃんの場合、首輪が抜けやすい傾向があります。

●上記と理由は違いますが、飼い主さんの親心で、首輪がきつそうだからという理由で、緩めに首輪を装着する場合も、首輪が抜けてしまい、思わぬ事故に発展することも考えられます。

●ベルト状の首輪の場合、お家では首輪を外して過ごすワンちゃんだと、お散歩や終えかけの際に、装着に手間がかかります。

ぱっと思いつく範囲の首輪のメリットとデメリットですが、それぞれの特性を理解していれば、問題はほとんどありません。

~ハーネスのメリット~

●ハーネスのメリットは、第一に首に負担が掛からない点です。

その理由は、ハーネスの場合、胸とお腹にかかる帯で体重を分散できる事が理由です。

首輪と違い、ワンちゃんの前足から上半身全体を包み込む形状のものがほとんどなので、首輪のように抜ける心配が少なくなります。

また、首輪よりも体の広範囲をハーネスが覆うので、万が一、ワンちゃんに危険が及びそうな時に、ハーネスを抑えてワンちゃんの行動を抑制することがしやすくなります。

●シニアになったワンちゃんの場合、お散歩の補助や体に掛かる負担を軽減するためにもハーネスは有効です。

~ハーネスのデメリット~

●犬種や使い方によっては、ハーネスが向かない場合もある。

●引っ張り癖のあるワンちゃんだと、ハーネスを使うと首輪よりもパワフルに引っ張られてしまう。

それは、ハーネスのメリットである体重の分散に原因があります。

首輪を着けたワンちゃんがリードを引っ張ると、首だけに自分の体重が掛かるため、ワンちゃんは苦しい思いをしてしまいます。

ですが、ハーネスの場合、胸やお腹の広範囲に引っ張った時の荷重を分散できるため、まったく苦しくないので、どんどん引っ張ってしまいます。

また飼い主さんも、ワンちゃんに引っ張られる力以上に、リードを引っ張らないとつりあいが取れなくなり、飼い主さんが転倒する危険があります。

引っ張り癖があるワンちゃんは、首輪でトレーニングをして、落ち着いて歩けるようになってからハーネスに切り替えるか、引っ張り防止効果のあるハーネスを使うのもお勧めです。

●お家の中では必ずハーネスを外すので、お散歩のたびにハーネスを着ける手間がかかってしまう。

また、足を触られることが苦手なワンちゃんだと、ハーネスの輪に足を通すのを嫌がり、装着が一段と難しくなります。

●足の短い犬種のダックスやコーギーなど、ワンちゃんが後退したときに、前足がハーネスからするりと抜けてしまうことがあるので注意が必要です。

ハーネスはトレーニングには不向きですが、呼吸器疾患のあるワンちゃんやシニアのワンちゃんには最適です。

お散歩には首輪もハーネスも欠かせないものです。

まずは、お散歩デビューの前にトレーニングをして、首輪に慣れてもらう事が大切です。

トレーニングの方法としては、お家の中でワンちゃんと遊ぶときに、首輪を着けてから遊んであげてください。

最初は嫌がると思いますが、だんだんと繰り返すうちに、「首輪を着けると楽しい事が出来る!」とワンちゃんは覚えてくれます。

首輪を嫌がらなくなったら、今度はリードを付けて、お家の中でお散歩の練習です。

ワンちゃんがリードを引っ張った時は歩くことをやめ、ワンちゃんが落ち着いたらまた歩き始めます。

また、リビングやお部屋から廊下に出る時は、ドアの前でお座りや伏せをさせ、飼い主さんが先に廊下に出るなど、お散歩の時を想定したトレーニングをしてあげると効果的です。

首輪もハーネスも、その特性を理解し、正しく着けてあげないと意味がありません。

お家の中とは違い、屋外には危険がたくさんあります。

首輪やハーネス、そしてそれを繋ぐリードは、ワンちゃんと飼い主さんの命の絆です。

首輪とハーネスのどちらを選べば良いかわからない時には、獣医さんやお店のスタッフさんに遠慮なく質問してください。

きっと、ワンちゃんに合う首輪やハーネスを勧めてくれるはずですよ。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ